【写真45枚】インターコンチネンタルホテル大阪の朝食がウマすぎた!ジムやプールも口コミや評判以上に最高!

6 min
トラコ

トラコ

インターコンチネンタルホテル大阪に泊まりたい!朝食やジムも気になるな。

大阪の最高級ホテルですね。私も泊まったことがあるので45枚の写真と一緒にレビューしますね。

ベルオ

ベルオ

本記事でわかること
  • インターコンチネンタルホテル大阪の朝食
  • インターコンチネンタルホテル大阪のジム
  • インターコンチネンタルホテル大阪のプール
  • インターコンチネンタルホテル大阪の部屋
  • ネット上の口コミや評判

本記事は、実際に2022年8月にインターコンチネンタル大阪に泊まったレビュー記事となります。

私が予約する時に気になった朝食やジムやプールなどについて、写真付きで紹介していきます。

インターコンチネンタル大阪は高級ホテルなので、決して安くはありません。

しかし、設備・立地・サービスどれをとっても最高で、ここでの体験は一生の思い出になりました。

生きている間に高級ホテルに泊まる機会は限られているので、絶対にホテル選びは失敗したくないですよね。

そんな人に向けて本記事では、なるべく多くの写真を使ってシェアしていきます。

楽しんでいってくださいね!

インターコンチネンタルホテル大阪の朝食がウマすぎた!

インターコンチネンタルホテル大阪の朝食

インターコンチネンタルホテル大阪に泊まって最も感動したのは朝食。

基本的なホテル情報などから書こうかなと思ったのですが、こちらのページを見たら大体分かるので割愛しますね。

とにかく朝食が良すぎて朝からテンションは最高潮に……!

たくさん写真を撮ったので良かったら眺めていってください。

朝食①:ビュッフェ形式

インターコンチネンタルホテル大阪の朝食は、好きなものを好きなだけ選んで楽しめるビュッフェ形式です。

朝食の詳細を紹介しておくね。

ベルオ

ベルオ

朝食

会場:20階 NOKA Roast & Grill(ノカ ロースト&グリル)

時間:6時30分~10時30分

料金:大人1名4,000円(※6歳~12歳は2,000円、それ以下は大人1名に対して1人は無料)

値段だけ見ると高いですよね(笑)しかし、実際に朝食会場に足を踏み入れ食事をすると値段以上に満足することができました。

当日の状況ですぐに朝食を追加することも可能ですが、予約する時に朝食付きのパックで申込をした方が10%ほど安くなっていました。

それでは、朝食会場の様子を見ていきましょう。

いきなり、ドリンクコーナーの種類の多さにビックリ。

一番左のバナナとマンゴーとライムのスムージーが絶品でした。

右側の写真は牛乳関係?(笑)のドリンクコーナーになります。

豆乳・無脂肪乳・低脂肪乳・牛乳と驚きのラインナップです。

パンのコーナーです。小さなパン屋さんができるくらい種類がたくさんありました。

食パンやクロワッサンもありレンジで温めることも可能です。

サラダから始まり和食・洋食・フルーツなど妥協している部分は一切ありません。

どれを食べたらいいか悩んでしまうほど、1つ1つの料理がしっかりと作られ見惚みとれれてしまいました。

また、チーズやヨーグルトに入れるグラノーラは今まで食べたことがない種類も……(驚嘆)

これがビュッフェで食べれるなんて、完全にインターコンチネンタルホテル大阪に圧倒されてしまいました。

それぞれのコーナーでシェフの実演があり、出来立ての美味しい料理を提供してくれます。

私の想像していたビュッフェのイメージを完全に超越する内容でした。

朝食②:コロナ対策

朝食がビュッフェ形式だと、コロナの感染症対策がきちんと施されているか不安ですよね。

不特定多数の人が同じトングを使って料理を取っていくので……

結論から申し上げますと、しっかりと対策されていたので安心して利用できました。

具体的な対策はこんな感じ。

コロナ対策
  • 入店時の検温
  • 食べる時以外はマスク着用
  • 様々な箇所に消毒
  • 料理を取る時は手袋着用

そもそも、インターコンチネンタルホテル大阪は高級ホテルです。

あくまで私個人の意見ですが、こういうホテルに泊まる人はマナーが良い人が多いと感じています。

また、外国人の団体もいないのでガヤガヤすることなく落ち着いて優雅な時間も提供してくれます。

PR案件ではなくプライベートで泊まったので、マイナスな部分もあればしっかり伝えるつもりだったのですが、見当たりませんでした。

朝食③:実食

お待たせしました。インターコンチネンタルホテル大阪の朝食を食べていきます。

まず、席に着くとオムレツや目玉焼きなどの卵料理を選びます。

見て下さい。このラインナップ。

嬉しいことに私は人よりも胃袋が大きいので、おかわりして全て堪能しました。

注文してシェフが作ってくれるので、アツアツの出来立てを食べれて大満足。

特にクロックムッシュは、口の中に入れた瞬間に卵の甘味が広がり絶品でした。

流石はインターコンチネンタルホテル大阪。

4,000円の朝食だけあって、1つ1つの食材も良い物ばかり。

ウインナーは普段家で食べている物とは全然違い、ハーブの香りまで漂っていました。

チーズは癖がありますが、朝からワインが飲みたくなるほど絶品……(笑)

洋食も和食も種類が豊富なので、お子様がいらっしゃる人やアレルギーを持っている人でも、きっと満足できるでしょう!

インターコンチネンタルホテル大阪のジム

インターコンチネンタルホテル大阪のジム
▲有酸素エリア

インターコンチネンタルホテル大阪のジムについて紹介しておきます。

無料で使えるので、食事をする前にジムで汗を流すと気持ちいいですよ。

ジム①:営業時間

営業時間
  • 24時間(22時~7時までは無人)

インターコンチネンタルホテル大阪に泊まる人は、ジムを24時間無料で使うことができます。

しかも、ジムに必要なグッズは全て借りることができるので、手ぶらでも問題ありません。

借りれるグッズは、シャツ・短パン・ソックス・シューズ。

24時間利用は可能ですが、グッズを借りる場合はスタッフがいる7時~22時までとなります。

ジム②:レビュー

インターコンチネンタルホテル大阪のジムをレビューします。

流石、最高級のホテルだけあってジムの設備についても、おまけで付いているレベルではありません。

インターコンチネンタルホテル大阪のジム
▲マシンエリア

一般的なトレーニングジムに備わっているマシンは一通り揃っています。

インターコンチネンタルホテル大阪のジム
▲フリーウエイトエリア

フリーウエイトのエリアも充実していました。

写真に収めるのを忘れてしまいましたが、スミスマシンも置いてます。

インターコンチネンタルホテル大阪のジム
▲バイクマシン

インターコンチネンタルホテル大阪のジムは、有酸素運動を目的としたマシンが多く設置されています。

普段筋トレをしない人でも、少し体を動かしたい人にはおすすめです。

会員制のジムではありますが、スタッフの人に聞くと基本的には宿泊者の利用が多いようです。

他の誰かが使っているからマシンが使えない……といった状況は滅多にないらしいので、不特定多数の人との接触もほとんどありません。

インターコンチネンタルホテル大阪の大浴場
▲スパ

運動後はスパ(無料)でリラックスするのがおすすめ!

すみません。写真は取れませんでしたが、大浴場もサウナもあり汗と一緒に疲れを洗い流すことができました。

1点、水風呂がなかったのが残念。

その他の部分は、流石ホテルといったサービスが多く、いたる所にバスタオルや水が置かれ、分かり易い案内パネルのおかげで始めてでも迷わず利用できました。

インターコンチネンタルホテル大阪のプール

インターコンチネンタルホテル大阪のプール
▲プール

インターコンチネンタルホテル大阪のプールについて紹介します。

ジムや大浴場と同じ4階にあり、宿泊客は無料で使うことができます。

プール①:営業時間

営業時間
  • 7時~22時

24時間のジムと違ってプールは、使える時間が決まっています。

とはいえ、朝の7時から夜の10時までなので、ほとんどの人は問題ないでしょう。

プールは全長20m・幅10m・水深1.2mのサイズとなり、プールサイドにはジェットバスも備わっています。

プール②:レビュー

私が利用した時は貸し切りでした。最高!

スタッフの人にお話を聞くと元々利用する人は少なく、多くても5人程度とのこと。

市民プールと違い人目を気にせず泳げるので、自分のペースでのんびりとクロールすることができました。

ジムと同じく、水着・水泳帽・ゴーグルを無料で借りることができます。

スパと同じように、プールサイドにはバスタオルが置かれ(このバスタオルもフカフカ)、ミネラルウォーターも自由に飲むことができます。

プールで体が冷えてしまっても、ジェットバスで温まることもでき最高!

せっかく高い宿泊代を払うので、無料で使えるプールやジムは使っておく方がお得です。

インターコンチネンタルホテル大阪の部屋

インターコンチネンタルホテル大阪の部屋
▲2シングル プレミアム シティービュー

今回泊まった部屋は、2シングル プレミアム シティービューのツインルーム。

部屋の広さは何と50㎡もあり、他のホテルだとスイートクラスに匹敵します。

妻と小学生の息子の3人で泊まったのですが、十分な広さに全員がセレブ気分(笑)

特にベッドがフワフワでよく眠れ、翌日には疲れが全部吹っ飛びました。

ミニバーは見たこともないお酒やジュースが置いていましたが全て有料……

高すぎたので我が家はスルー(笑)

紅茶やお茶など一部無料のコーナーもありました。

インターコンチネンタルホテル大阪の部屋
▲収納スペース

収納スペースは、ビジネスホテルのシングルルームくらい。

金庫やバスローブもあり、長期連泊できるようにワードロープも完備されています。

水回りの部分もエレガントさが伝わり、セレブ気分をここでも堪能できます。

大浴場もありますが、部屋のバスルームもゆっくりとつかれます。

天井から降り注がれるレインシャワーは、サッと体を流したい時に非常に便利です。

まとめます!

全てが超一流のインターコンチネンタル大阪!

どこか悪い所を見つけようと嫌な姑のように細かくチェックしたのですが、髪の毛1つ落ちていませんでした(笑)

お世辞にも安いとは言えませんが、夢のような時間を過ごせたことに家族全員が大満足。

こんな素晴らしい非日常を経験できたので、泊まって良かった!と感じています。

インターコンチネンタルホテル大阪の口コミや評判

この章では、ネット上に散らばっている他の人の口コミや評判を集めました。

インターコンチネンタルホテル大阪は決して安い料金では泊まれません。

私だけのレビューだけでなく、他の人の意見も当然知りたいですよね。

実際に私が予約する時に参考になった口コミを載せておくので、良かったら参考にしてみてください。

https://tabibanzai-triplog.com/wp-content/uploads/2022/07/1.jpg

記念日に宿泊

今回、娘の記念日にと予約させていただいたことを夜に予約したピエールの方だけでなく、翌日の朝ごはんのレストランでもお祝いプレートをいただけて驚きました。素晴らしいホスピタリティに感動し、また大阪で宿泊の際は是非利用したいと思います。いい記念日になりました。ありがとうございました。

https://tabibanzai-triplog.com/wp-content/uploads/2022/07/3.jpg

客室の音響がGood

都会のラグジュアリーステイにお薦めです!BOSEのスピーカーをはじめ、室内音響もバッチリでした。

https://tabibanzai-triplog.com/wp-content/uploads/2022/07/5.jpg

全てが超一流

絶景でした。大阪が昼→夕方→夜になる変化と、大阪の夜のネオンの美しさを堪能できました。サービスは、接遇が満点です。朝食は、驚きました。和定食という、いわゆる幕の内みたいなものを注文しました。それが、すぐ配膳されると思いきや、とても遅いのです。遅いといっても、弁当だから速攻で出てくる数分を予測していました。それが、10分くらいかかって配膳されました。理由は、焼き魚(サワラ)があり、それを一から焼いていたのです。もう、驚異的サービス精神です。リピートは、当然します。

楽天トラベルより引用

評価の低い口コミも投稿はされていたのですが、同じ内容で指摘されている項目ではありませんでした。

例えば「思っていた以上に朝食の味が美味しくなかった」など……

他にも多くの人が投稿をしていればピックアップしようと思ったのですが、実際に食べた私は美味しく感じたので止めました。

逆に良い口コミに関しては、使用の目的がある程度同じで、大切な日に利用する人が圧倒的に多いことが分かりました。

滅多に泊まれない高級ホテルですが、一生の中でも大切な記念日などには選んで間違いないホテルといえるでしょう。

まとめ:全てが最高だったインターコンチネンタルホテル大阪!

今回は、インターコンチネンタルホテル大阪について紹介しました。

西日本の中心地である大阪の中でも高級な部類に位置づけされるホテル。

全てが超一流でチェックインからチェックアウトまで魅了されっぱなし。

夢のような非日常を体験し、心も身体もリフレッシュすることができました。

大切な記念日や家族との思い出旅行に、インターコンチネンタルホテル大阪はおすすめです!

Amazonでお得に買う方法

知らなきゃ損レベルです。Amazonは、月に1度開催されるタイムセールで買うのが一番お得。

こちらから事前にエントリーしておくだけで、安くなるだけではなく、獲得できるポイントも増えます。

特典満載のプライム会員だと更にお得だよ。

ベルオ

ベルオ

▲ポイント還元表

欲しい物を買う前は、タイムセールが開催されているか確認しておきましょう!

>>Amazonでタイムセールを開催しているか確認する

ベルオ

ベルオ

旅行大好きブロガーのベルオです。
人生の大半を旅に費やしてきました。

✓ 自転車で日本一周
✓ ホテル業⇒大手旅行会社勤務
✓ 年間100泊以上の出張マニア 

どこにでもいる普通の人ですが、ホテル(旅館)や飛行機選びには少しだけ自信があります。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。